一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

雑誌の紹介されていたパテック・フィリップの腕時計に目がとまりました。代々受け継がれることもあるそうです。

一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。
一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

パテック・フィリップ

人それぞれに宝物のひとつやふたつは持っていると思います。それがたとえ形のないものであっても、決して高価なものではなくても、その人にとっては宝物、というものがあるはずです。でも、子供のころの宝物、というとなんとなく宝箱や宝石箱に入っているとても貴重なもの、という印象を勝手に持っていました。私だけかもしれませんが、おとぎ話にでてくる宝物はみんなそんな感じだったからです。

先日、たまたま見ていた雑誌のなかに腕時計の話がありました。時計といってもピンからキリまでですが、欧米では腕時計を代々受け継いで大切にしているひとが多いそうです。そこに掲載されていたのは、パテック・フィリップというブランドのものでした。値段も載っていたのですが、大変お高いものでした。とても庶民では手が届かない、といった感じの価格でした。確かにこれならお宝です。でも腕時計というからには、きっと毎日身につけているのでしょうから、代々受け継いでゆくものということなら、お金持ちにとってはリーズナブルなものなのかもしれません。とにかく、私には縁のなさそうなブランドばかりが紹介されていましたが、いいものは見ているだけでも幸せになるのです。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。 All Rights Reserved.