一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

大物司会者から海外セレブまでを虜にするスイスの高級時計メーカーパテック・フィリップ歴史と魅力に迫ります。

一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。
一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

パテック・フィリップ(PATEKPHILIPPE)

1839年にアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとジャン‐アドリアン・フィリップによって創業されたパテック・フィリップ(PATEKPHILIPPE)。製品そのものだけではなく充実したアフターサービスや希少性にパテック・フィリップの魅力が隠されています。「親から子へ」というコンセプトの元に製作された時計のため、メンテナンスや修理にはパテックフィリップ本社での研修を終えた時計師たちが製作当時の美しい状態に戻す作業を行います。たとえ何百年前に作られた製品さえも例外ではなく、また、製品は200以上の異なるモデルを擁していますが、いずれも十数個から数百個の少量生産であり、完全自社開発生産のムーブメント(運動する機械、機械の運動部分)を搭載しているのも魅力の一つであり、『希少性』がコレクターを惹きつけます。時計とはただ時間を知らせる機械ではなく、所有者とともに時を刻むパートナーであり、貴重な思い出と歴史を刻んだ遺産でもあります。

パテック・フィリップ(PATEKPHILIPPE)には「時計」という遺産を過去と未来への架け橋として、はたまた親から子へ贈られる愛情の形や受け継がれる歴史として輝かしく伝統ある『人生のタイムピース』を私たちに体現してくれているのです。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。 All Rights Reserved.