一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

パテック・フィリップは永世中立国スイス連邦が誇るブランドであり、高級時計メーカーとされています。

一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。
一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

永世中立国スイスの高級ブランド、パテック・フィリップ

パテック・フィリップは、世界有数の高級腕時計メーカーとされています。1839年、ポーランド人のアントニ・パテックとフランチェシェック・チェペックによって永世中立国であるスイス連邦で創業したブランドです。イギリス王室御用達とされており、イギリス王室のお気に入りであるとされています。パテックとチェペックは共にポーランドに生まれました。その内の一人であるパテックは、ロシア支配に在ったポーランドから亡命して、フランスへ逃げたとされます。その後、チェペックと会って共同で事業を興すことに合意してスイスのジュネーブに移住し、高級腕時計の販売をするようになりました。パテックはフランスに住んでいた頃に高給で時計に関する勉強をし、ノウハウを学んだのでしょう。また、「パテック・フィリップ」の名前の由来は、ジャン・アドリアン・フィリップとの出会いだそうであり、この人物が発明した「リューズ巻き上げ、時刻合わせ」の機構に感銘を受けて意気投合したことによって、フィリップへの敬意を表してパテック・フィリップとしたのです。

パテック・フィリップのシステムはオーダーメイドとされているそうです。その後、同社はアメリカのティファニーやフランスのカルティエ向けに製品を納品したとされたそうです。顧客はイギリス王室だけでなくて、相対性理論で有名なアインシュタイン、それにローマ教皇も該当するそうです。その後、世界恐慌に遭って事業再編のために他人に買い取られて、第二次大戦後はエレクトロニクス部門を設立することになりました。日本への出店は、代理店が請負うことになったに過ぎませんでした。日本に公式ブティックは存在せず、専ら代理店が販売をするタイプとなっています。

価格設定ですが、ローマ教皇が気に入ったことを考慮すると、著しく高額となっています。一番安い物でも二百万円位とされています。高い物の場合、一千万円以上するとされています。デザインについては斬新なデザインのものや普遍的な物も有りますが、厳かな雰囲気が在ります。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。 All Rights Reserved.