一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

パテック・フィリップの歴史と社名の由来の説明。パテック・フィリップの特徴と魅力の簡単な説明と現在の説明。

一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。
一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。

パテック・フィリップの説明

パテック・フィリップは、1839年にポーランド人のアントニ・パテックとフランチシェック・チャベックにより、スイスで創業しています。パテック・フィリップは、ヴァシュロン・コンスタンタンとオーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計ブランドの一つにあげられ、世界一高価な時計ブランドと言われています。実際に、腕時計のオークションの最高値で取り引きされた記録が残っています。

パテック・フィリップは、リューズ巻き上げ機構で有名なジャン・アドリアン・フィリップとアントニ・パテックの名です。もう一人の創業者のフランチシェック・チャベックは、フィリップの入社した頃に会社を離脱し、ポーランドで時計会社を経営していたようです。

パテック・フィリップの腕時計の最大の特徴は、実用性が高く、ジュネーブシールの添付が許されるほどの正確さです。又、ケースは鍛造で作製され、色彩が鮮やかでありながら、印字や塗装が非常に薄い事だとも言われています。人気の高いモデルは、シンプルデザインを追求したカラトラバシリーズと技術の粋を集めたコンプリケテッドウォッチシリーズです。現在は、カルティエやヴァシュロン・コンスタンタンとともにリシュモングループの傘下です。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 一生に一度は腕に巻いてみたい時計、パテック・フィリップ。 All Rights Reserved.